しがないNEの呟き

アクセスカウンタ

zoom RSS 北の『飛翔体』、明日(4/5)以降か…

<<   作成日時 : 2009/04/04 15:28   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

イベントの挨拶を終えて家に戻ってきて、のんびりテレビを見てた昼12:20過ぎ。
北朝鮮の『飛翔体』が飛んだって緊急報道が流れた5分後、誤報だったって事があった。

各局が番組を中断し、緊急報道番組が流されだした直後は、どこぞの軍事評論家やらが出てきて、一斉に各局報道開始。その5分後に訂正報道が打たれた。。。(某Nテレさんはちょっと遅かったけどね)

やっぱ、予想通り、報道が流れる頃は日本を通過しようかってトコロ。
K国も巻き込んじゃったけど、課題も見直せるかもだし、現場の方々は一生懸命モニタして早く行動を起こせるようにやってるんだろうし、批判だけはして欲しくないな。

ちなみに。。。
今回の事例で気になったのは、
  1. テレビ東京系列はその時何を放送してたんだろう?

  2. 誤報が流れたとき、池ポチャ(=日本海越え不可)ミサイルだったと思った人はどの位居たんだろう?

って事かなー。
//
「北朝鮮から飛翔体」と誤報…最新鋭ガメラレーダーが原因読売新聞(04月04日14時51分)


政府は4日午後0時16分、「さきほど、北朝鮮から飛翔体(ひしょうたい)が発射された模様」と発表したが、5分後に「さきほどの情報は誤り。飛翔体の発射は確認されていない」と撤回し、「誤探知だった」と説明した。


防衛省によると、千葉県旭市にある防衛省技術研究本部飯岡支所の警戒管制レーダー「FPS−5」が日本海で「何らかの航跡」を探知。これに基づき、ミサイルの発射情報として伝達したことが原因。FPS−5は広域探知可能な最新鋭で、通称「ガメラレーダー」と呼ばれている。同省は探知したものが何だったのか、分析中としている。


画像

北朝鮮のミサイル発射に対しては、米軍の早期警戒衛星(DSP衛星)が高度約3万6000キロの上空で監視、ミサイルを発射した時の熱(赤外線)を感知する。この情報は米コロラド州の米軍施設から、在日米軍司令部(東京・横田)を経て東京・市ヶ谷の防衛省中央指揮所に伝達される。また、韓国国防省にも米軍から同時に連絡される。さらに今回は、日本海に展開する日米のイージス艦のレーダーと国内3か所に設置された地上レーダーが、発射基地の舞水端里に向けられており、DSP衛星の情報とほぼ同時刻に、ミサイルの発射情報が伝えられることになっている。防衛省の豊田硬報道官は「(DSP衛星の)情報はなかった」としている。


第一報後、麻生首相は公邸から官邸に移動し、情報収集態勢の強化など3項目にわたる首相指示を発表、官邸連絡室は対策室に格上げされた。その後、誤情報と判明したことを受け、首相指示や対策室設置は取り消された。


一方、日本の誤情報は外国メディアも振り回した。


韓国の聯合ニュースはNHKの報道を引用し、4日午後0時21分に、北朝鮮がミサイルを発射した模様と緊急電で報道。5分後に、「日本政府が『情報は不正確だった』と明らかにした」と伝えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北の『飛翔体』、明日(4/5)以降か… しがないNEの呟き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる