しがないNEの呟き

アクセスカウンタ

zoom RSS 違法コピーがダメなのは当然だけど…

<<   作成日時 : 2010/11/12 04:01   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

たまにはちょっと考えてみたコトを。

ガス室の雑談で、ある方から、
「PCに入ってるアプリケーションの情報をすっこ抜きたいんだけど、こんなやり方でいいのかな?」
といった話が来た。

伺ってみると、なんでも使用ソフトのライセンス管理を効率化したいという事でした。
(すっこ抜く手段を提供してくれているのは、製品/フリーソフト含めて世の中にありますし)

そこで話題に上がったのは、すっこ抜く手段よりもその後の話。

職場でやってるソフト管理の事を含めて話をしてたけど、
  • 製品以外にも、ドライバ関連のものや付属ソフトも出るので、実際に管理すべき項目との区分けがめんどい。
  • 某社さんのモノでは、サーバもクライアントも同じ名前で出るから、製品と無償ツールの差が見た目だけじゃ判りづらい。
  • フリーソフト→有償版の見分けが付かないものもある。
  • そもそもライセンスの考え方が世の中随分変わってきてる。

もあるので、どちらかと言うとすっこ抜いた情報を管理するほうが、えらい目に遭う…などの話をしてた。

※他社さんがどんな管理をされてるか存じかねてるので、全く的を得てないかも?ですが…。


そんな話をしてた最中、のべ1152本の違法コピーソフト使用が発覚、和解金は総額1億9千万(BSA)という記事がありましたので、思ったことをば。。。


いや、確かに製造する側を守るためにも、ソフト・ライセンス管理は絶対ちゃんとしなきゃいけません!
そこに異を唱えるつもりは毛頭ありません。

でもね、実際には簡単には管理しづらい実情もあると思うんですよ。

※本来すべきお仕事からちょっと外れて、片手間的にやられてるとかザラじゃない?かと。
 上のような問題もあるのに、片手間じゃぁとても出来ないんじゃないかと。
 そんな状況じゃぁ、管理下の方々がこっそり悪いコトやらかしてても、気づいたときには…ってね。

そんな状況下ですし、上の問題をクリアできるような規格化をされて、それにのっとった情報をDB化して提供されてると、情報すっこ抜く仕組みとDB化された情報を合わせる様に整備できれば、ソフト・ライセンス管理の精度も随分良くなるんだろうけどなぁ。。。

…なんて思ってみたりしました。

まぁ、その辺の団体の方々もその辺は考えられてるんでしょうけど、そんな単純にはいかないのかな?
//


2010年11月10日
のべ1152本の違法コピーソフト使用が発覚、和解金は総額1億9千万(BSA)
ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は11月8日、メンバー企業と東京都所在のソフトウェア開発会社との間におけるビジネスソフトウェアの著作権侵害に関し、総額 197,165,214円の和解が成立したと発表した。本件はBSAへの通報を端緒とする事案の和解総額として、過去4番目に高額となる。

本件は、BSAが組織内違法コピーの問題解決のため設置している情報提供窓口への通報が端緒となり発覚したもの。当該ソフトウェア開発会社(A社)における著作権侵害の発覚後に、BSAメンバー企業の依頼により行われたA社による社内調査の過程で、「Adobe Acrobat」や「AutoCAD」「Microsoft Office」「Symantec AntiVirus」など、のべ1,152本という大量の違法コピーが発見されたという。

http://www.bsa.or.jp/press/release/2010/1108.html

//

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
違法コピーがダメなのは当然だけど… しがないNEの呟き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる