iPadとApplePencilで字の練習 (OneNote使用)

昨夕(?)今朝(?)は地元で旧友たちと楽しい時間を過ごし、ふと気づくと…えっと…29時??記録更新一歩手前(^^;;;)

5/3〜5/5と、5/19〜20は、久々に「林檎3点セット」を携えての帰省です。

画像


iPad(2018-9.7)サクッと購入し、それまでの旧iPad mini2を実家に預けてから、半月程が経ちました。このiPadと一緒に購入した「魔法のスティック」Apple Pencil、従来やってた事についての操作感はそりゃもう快適なんですが、一部の操作で苦戦中です。

何の操作で苦戦中かというと…オイラが思った以上にDeviceへ文字を書けないんです…。
※↑はい…Apple Pencilは何も悪くないんです(爆)

元々癖字が酷かったのに加え、ここ●0年程お役所関係やらお仕事やらの申請書類等でど〜しても…とならない限りは、紙に文字を書こうとしなかった報いですね。
 「こうなったら、Apple Pencilを使って字を書く練習でもしようかなぁ?」
…と思って、ちょっと素材探しをしてみるとあるんですね。
ホント、便利な世の中です。

◾️練習環境
自分の練習環境はこんな感じです。


機器iPad(2018-9.7)
Apple Pencil
アプリMicrosoft OneNote
題材無料 ボールペン字練習と漢字検定テキスト集
補足ツールにはMicrosoft OneNoteを使用してみました。
これだとSurfaceなどのWindowsな環境でも応用効くのでは??という期待も込めて。


◾️練習の流れ

  1. 無料 ボールペン字練習と漢字検定テキスト集から題材をダウンロードします。

  2. Microsoft OneNoteを起動して、新規のページを開きます。
    画像

  3. 開いたページの本文部分で[挿入]>[PDF印刷イメージ]をタップします。
    画像

  4. 1.でダウンロードしたPDFを選択します。
    画像

  5. ページにお手本が表示されたら、[描画]からお好みのペンや鉛筆などを選びます。
    画像
    選べたら、お手本をなぞってみます。
    画像

  6. [描画]から消しゴムを選ぶと消せるので、何度も練習できますね。
    画像



何度もやり直せるのは助かります♪

まっ、これで長年で染み付いた癖字が直るかは???ですけどねf(^^;
--